フランス映画「パリ、嘘つきな恋」

人生を謳歌する為のレッスンノート

5月24日(金)公開のフランス映画「パリ、嘘つきの恋」(原題:Tout le monde Debout)を一足先に観てきました。ラブコメ映画ですが、何があっても自分の人生を楽しむことがテーマでもあります。思わず、新しい趣味を始めたくなっちゃうかも?

あらすじ

ゲーム感覚で恋を楽しむ中年モテ男が、とんでもない嘘をきっかけに
本気の恋に目覚めていくラブコメディ。

ジョスランは、大手企業支社社長。50歳目前。
お金も髪もあり、女性にはモテるが、
恋愛に彼が求めるのは一時的な楽しさだけ。
ギャンブルのようなものなのだ。

ある日、亡くなった母の家で車椅子に座っている時に
隣に引っ越してきたジュリーが挨拶に来る。
セクシーで美しいジュリーの気を引く為に
ジョスランはとっさに足が不自由であると嘘を付いてしまう。

ジョスランの嘘を信じたジュリーは、彼を実家に招待し、
事故で車椅子生活を余儀なくされた姉のフロランスを紹介する。
彼女は、ハンディがありながらも世界中を飛び回るバイオリニストであり、
車椅子テニスもかなりの腕前の快活で魅力的な女性。

当初のプランが狂ったことに戸惑いつつも、
徐々にフロランスに惹かれていくジョスラン。
二人の距離は急速に縮まっていくが、
愛し始めているが故に真実を話せないまま・・・
そんな中、ついに妹のジュリーに嘘がバレてしまう・・・!
フロランスの反応は?二人の恋の行方は・・・・?

感想

ジョスランを演じるフランク・デュボスクはコメディアンということもあり、
スマートでありながらも、とぼけた表情がとってもキュート。
フレンチユーモアも痛快。
そして、歩けないふりを続ける彼はとてつもなく滑稽なのです。
どう考えてもバレるでしょ(笑)というシーンがいくつもあり、
見ている側もひやひや、ドキドキなのですが、
フロランスはジョスランの嘘にとっくに気が付いています。

それでも彼を問い詰めない理由を妹のジュリーにこう話します。
「彼は私を女性として見てくれるの。
愛されるのって素敵。素敵な時間は逃さない。」
彼の口から真実が知らされるまでの恋であることを悟っている、
切なくも、全身で恋を楽しむフロランスが眩しい。
障害を持っていることを憐れむ気持ちなんて微塵も生まれない。

フロランスのセリフに名言が多いこの映画、
映像もとってもロマンチックなんです。
特にプールでの水中デートがとっても素敵で
あんなデートを人生で一回くらい経験してみたい!と思える
スケールの大きさも見どころです。

ラブコメらしくハッピーエンドで終わるのですが、
「こう来たかー!!」という演出になっているので、お楽しみに♪

Facts

公式:http://paris-uso.jp/
原題:Tout le monde Debout!
製作国:フランス
製作年:2018
監督:フランク・デュボスク
出演:フランク・デュボスク、アレクサンドラ・ラミー、エルザ・ジルベルスタイン、ジェラール・ダルモン、クロード・ブラッスール、フランソワ=グザヴィエ・ドゥメゾン

DREAMS COME TRUE 中村正人さんと共演!

TOKYO FMのスタジオから毎週日曜13時(※一部違う時間帯の地方もございます)より、中村正人さんが全国にお届けしている

『ENEOS presents
DREAMS COME TRUE
中村正人のENERGY for All』

3月21日にデビュー30周年を迎えるということで、スペシャル企画「私だけの推しドリ!特集」の第1週目である3月17日に「推しドリアシスタント」として出演させていただきましたー!オフィシャルブログにも写真が掲載されていて・・・驚き!!きゃぁーー!!私の推しドリも1曲かけていただきましたよ(๑>◡<๑)名曲ばかりで迷ったのですが・・・「うれしはずかし朝帰り」。これが好き。30年前も今も、恋始めの”朝帰りの言い訳”をメイクがよれた顔(服も多分一緒!笑)で考える女の子の気持ちは同じ!大人になってから好きになったナンバーです。


オフィシャルブログ(https://dreamscometrue.com/masablog)より

中村正人さん、言うまでもないですが・・・とっっってもお優しく素敵なお方でした。気さくに話しかけてくださり、本番中も私が緊張しないようにと気遣ってくださり「クロノスリスナーにはなんて呼ばれてるの?えりぃ?OK!えりぃ〜〜 My love so sweet ♫・・・おっといけない、桑田パイセンに怒られちゃいますね(笑)」(OAでも聴けます。私も一緒に口ずさんでおります。笑)と歌ってくださったり、オフマイクでもいろんなお話を聞いてくださったり(聞き上手!!)… いつまでもご一緒したくなるような空気をお持ちでした。一生の思い出です!

聞き逃してしまったという方、radikoなら一週間まで遡って聴くことができます。ちなみに、今日の住吉美紀さんのBlue Oceanにも出演されているので、併せてタイムフリーしてみてくださいね。もちろん、各所でイベントが行われます。DREAMS COME TRUEのデビュー30周年を一緒にお祝いしましょう〜〜〜🎉

写真は収録が終わってから撮ったのですが、テンションがどんどん上がって、どんどん弾けてます。嬉しすぎて(笑)

 

Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an

 

Ein Beitrag geteilt von Erina Wataya/綿谷エリナ (@ellina0817) am

手塚雄二展〜 光を聴き、風を観る

日本橋高島屋にて。

 

Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an

 

Ein Beitrag geteilt von Erina Wataya/綿谷エリナ (@ellina0817) am

約1,300平米の広さの個展会場で代表作を網羅した展示ということで、見応えがありました。

若くして21世紀を代表する芸術家として、現代日本画壇を牽引してきた手塚雄二。光や空間の表現には西洋の手法も取り入れながら、日本的な伝統美を昇華させている作品には心を奪われずにはいられません。

幻想的で、風の音が頭の中で再生されるような描写は感動的です。絵から木々が浮かび上がってくるような、まるで、映画の中に入り込んでしまったような、そんな不思議な感覚に陥り、うっとりするほど。誰もが美しいと思うものが苦手だという手塚雄二がみつめ続けたのは、意識しなければ見逃してしまうような落ちゆく枯葉だったり、決まった姿形を持たない風であったり、揺れる水面だったり、一瞬の木漏れ日であったり・・・侘しさの中にある美しさなのでしょうか。

「静と動」「虚と実」「煌びやかさと物哀しさ」など、そのアンビバレンスさに人は惹かれるの、かな。

私が個人的に気に入った作品は…「秋麗」「惜春」「終宴」「波恍」「日月四季花鳥(明治神宮 内陣御屏風)」「閑」「晩夏」「花夜」「光雨」「静刻」です。

3月18日までやっていますよ!

手塚雄二:公式ホームページ
書籍:「作品集 光を聴き、風を視る」「作品集 夜想」「素描集

ドキュメンタリー映画「盆唄」

先日のニュース(https://www.iwate-np.co.jp/article/2019/3/3/48301)で

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で被災した岩手、宮城、福島3県の42市町村で、無形民俗文化財に指定された祭りの14%が中断したものの、うち74%は復活したことが2日、共同通信の調査で分かった。担い手不足という課題も浮き彫りになった。

ということでしたが・・・今日は、先祖代々から愛されてきた”盆唄”の今を追った壮大ドキュメンタリー映画『盆唄(中江祐司監督)』をご紹介したいと思います。

双葉町の盆唄をハワイで歌い継ぐ

東日本大震災から4年が経過した2015年、全町避難が続く福島県双葉町の人々は“盆唄“が消滅の危機にあることを憂いていました。そんな中、ハワイ・マウイ島で「FUKUSHIMA ONDO」が日系人によって歌い継がれていることを知ります。100年以上前にフクシマからハワイへ移住した人々の多くが福島出身で、彼らが盆踊りを伝えたためです。

その瞬間、彼らに希望が生まれ、「双葉町の盆唄をハワイの日系人に歌い継いでもらおう」という一大プロジェクトが始まります。そして、唄、太鼓、笛・・・練習を再開し、それぞれの時を刻み始め・・・

「自分たちが生きているうちには、
あの場所では、もう盆踊りはできないかもしれない。
このままでは消えて無くなってしまうかもしれない。
いつか、また祭りができる日が来た暁には、
ハワイから双葉盆唄をまた持ち帰って欲しい」

そんな思いを胸に双葉盆唄チームはハワイへ渡るのでした。

故郷を離れることとは

そこで知ったのは、ハワイへ移住した人たちの苦悩と故郷を想う気持ち。

一旗揚げて帰国するつもりが、待ち受けていたのは大変な重労働と貧困。太平洋戦争が始まれば、日本人だと敵視され、アメリカに忠誠心を示すために積極的に志願兵として戦場へ赴き、尊い命が奪われるという悲しい歴史も・・・。

”よそもの”として生きていくこと、帰りたくても帰れない、そのつらさは計り知れません。避難生活を余儀なくされている双葉町盆唄チームが「今ならその気持ちがわかるよ」と、カメラに向かって呟いていたのが印象的でした。

そんなメンバーのうち一人は、その昔、飢饉で多くの民が命を落とし、農作業の働き手が足りなくなった時に富山から移住して来た助っ人の末裔であることが分かるのでした。彼らもまた”よそもの”と言われながらも、たくましく生き抜いた人たち。

「盆唄の継承」と「先祖たちのヒューマンドラマ」

この二つの大きなテーマがクライマックスに向かって繋がっていきます。マウイ島で行われた盆踊りの本番当日へ向けた練習も白熱。双葉町の盆唄が教えてくれた、海を超えた人たちとの繋がり。冒頭とは(おそらく)全く違って聴こえる魂の声と、壮大なストーリーに胸が熱くなり、きっと観た人それぞれが色んな人・もの・場所などに思いを馳せる映画だと思います。

私は「移住」「日系人」というテーマにどうしても反応してしまうのですが、当時は違い、これだけ自由に行き来できる時代です。日本に住んでいる今も「帰国」したとも思っていないし、「移住」もちょっと違う、その間にある曖昧な感覚です。居場所がないのではなくて、色んなところに居場所がある。この感覚、なんて表現したら良いのでしょうね?

その他の観た映画・読んだ本などはこちらから。

 

「クロノス」終了のお知らせ・日本移住(?)記念日

今日は、私が2014年に日本に帰国した、というよりも、移住した日。

といっても、その時は、日本・東京に馴染めるかどうかも不安だったので・・・「とりあえず、半年」とだけ決めて、その後のことは着いてから考えることにしていました。

ただ、「声のお仕事をしたい!」という思いだけはあったので、今こうしてTOKYO FM「クロノス」でお仕事をさせて頂けていることを思うと感慨深く、また、このような日に番組終了のお知らせをするご縁に改めて思いを馳せる日でありました。

最後まで、クロノスチーム一同、全力で聴いてくださっているリスナーの皆さんに爽やかな朝をお届けする所存です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

綿谷エリナ

 

 

. . たくさんのメッセージを頂き 本当に有り難うございます。 3月末でクロノスは終了します。僕も200941日からピッタリ10年間、この番組に関わらせて頂きました。10年間やらせて頂いたことに感謝していますし、プロサッカー選手の選手生活9年間を超える10年間を、ラジオパーソナリティーとして過ごさせて頂いたことにも感謝しています。 そして何より、ラジオを聴いてくださった全国のリスナーの方々には、心より感謝申し上げます。毎日、聴いてくださる方々がいらっしゃったからこそ、ずっと頑張ることが出来ました。と同時に、今まで一緒に仕事をして頂いた歴代のクロノススタッフ、出演者にも感謝しかありません。 早朝から出演してくださったコメンテーターの方々、アーティストの方々にも心から感謝申し上げます。本当は皆さんの前で御礼を申し上げるべきところですが、こういった形になってしまい申し訳ありません。今の僕に出来ることは、残されたオンエアを全力で取り組む事だけです。 残された時間も、スタッフ、出演者、ゲストの方々の力をお借りしての放送とはなりますが、どうか宜しくお願いします。また来週の月曜日は3.11から8年を迎えます。震災直後の毎日のオンエア、あの時の記憶は今も全く消えません。番組は終わりますが、現地の方の声は聞き続けたい。 最後に、明日もオンエアがあります。また明日も朝早く起きられて、お時間があれば、良かったらクロノスを聴いて頂ければと思います。残されたオンエア、速水健朗さん、綿谷エリナさん、そしてスタッフと共に全力を尽くします。どうか明日も、宜しくお願いします。 #201934 #中西哲生 #chronos

Tetsuo Nakanishi 中西哲生さん(@tetsuonakanishi)がシェアした投稿