#10 おすすめのボードゲーム5選!プレイヤー人数別

文化比較

#30日ブログチャレンジも33.3%クリア✨

巣篭もり生活、いかがお過ごしでしょうか?ステイホーム週間も始まりましたね。お家でできることの選択肢を増やすという意味で、今日は私が個人的にオススメしたいボードゲームを紹介します。(。。。ドイツ、ボードゲーム大国なんですよ!)※Amazonのプライム会員だと表示価格よりかなりお安くなるみたいです^^

誰とやっても楽しい!「ディクシット」(3〜6人用)

実は毎週土曜日の朝6時から担当している番組「Ready Saturday Go (TOKYO FM)」でも紹介したことがある、大好きなボードゲーム。

2010年のドイツ年間ゲーム大賞受賞作品でコミュニケーション・ボードゲームの火付け役。「Dixit」とは、ラテン語で「(彼が)言う」の意味で、フランスでは根拠なき主張を揶揄するときに使う言葉なんだそうです。

各プレイヤーが手札を6枚ずつ持ち、1人ずつ交代で語り部(親)になります。語り部は、自分の手札の中から1枚を選び、その絵柄から連想される言葉を言い、他のプレイヤーは自分の手札からその言葉にもっとも関係していると思うカード1枚を選び、伏せた状態で出します。それらを語り部が回収して、シャッフルして表にして並べます。語り部以外のプレイヤーは「語り部の選んだカード」と思ったカードに投票。その投票結果によってポイントが決まります。

ポイントは、全員当たりまたは全員外れの場合、語り部はポイントをもらえないこと!つまり、語り部は分かり易すぎる言葉を選んでもいけないし、的外れでもない、適度にあいまいな言葉(ディクシットな言葉)を考えなくてはなりません。

個人的には年齢・性別がバラバラなメンバーでやると非常に面白いと思います。

プレイ人数:3~6人(人数が多い方が楽しいです!)
プレイ時間:30分
対象年齢:8歳以上

ド定番だけど、愛されるのには理由がある「モノポリー」(2〜8人用)

言わずと知れた名作ゲーム。人生ゲームにも似ていますが、英語で「独占」という意味のこのゲームの最終目的な大富豪になること。他プレイヤーと取引したり、家やホテルを建設して高額なレンタル料を徴収したり、他のプレイヤーを破産に追い込んだりしながら勝ち進めていく頭脳ゲーム。

小さいうちから遊んでおくと良いとよく言われていますが、これの面白いところは、ただの頭脳ゲームなわけではなく、運も強烈に左右するので、人生の縮図とも言えるところ。なので、家族でも楽しめると思います^^

プレイ人数:2~8人(4,5人が一番楽しい!)
プレイ時間:1時間以上
対象年齢:8歳以上

もうちょっとライトなものなら変化球も良いかも?

スーパーマリオのキャラクターが登場するモノポリーです。このゲームでは、コインを使用して土地などを購入、クッパを倒してポイントを集めます。スーパーマリオのキャラクターごとにオリジナルパワーというものが設定されていたり、パワーアップサイコロもあるそうです。

他にも色々なバリエーションがあるので面白そうなものを選んでも良いかも知れません♬

ゲーム好きならこれもオススメ「カルカソンヌ」(2〜5人用)

2000年に発表されて以来、大人気ゲーム。これはポイントの計算方法がちょっと面倒臭いので、それが苦にならない方や、ボドゲ好きでまだプレイしたことがないという方に是非オススメしたいです。拡張版使って夜な夜なやってしまった経験も・・・(笑)

プレイ始めにはボードはなく、都市や道、修道院などさまざまな地形が描かれたタイルを連ねながらボードができていきます。戦略的にコマを配置し、より多くのポイントを獲得した人が勝ち。

タイルの置き方によって形成が変わっていくので、2度と同じゲームは味わえないのが醍醐味!そして、ポイントの計算方法が細かいので、最後の最後まで勝者がわからない所もボドゲ好きの心をくすぐります♡また手札がないので、経験者がアドバイスをしながらゲームを進めることができるので(それが自分の不利益になりにくい)未経験者でも入りやすいところもオススメポイントです。

プレイヤー人数:2~5人(これは二人なら二人なりに楽しめます)
プレイ時間:45分(タイルの枚数によるので拡張次第では夜な夜な・・・(笑))
多少年齢:7歳以上

二人でやるならコレ「TOKYO HIGHWAY」(2人用)

これはインスタ映えしそう!デザインもお洒落なところもポイントが高いのですが、複雑な3D設計をしなくては勝てないので、ルールが単純な割に頭を使います。ジェンガのような緊張感もあり、終了する時には完成した高速道路を眺めて楽しめます(だからインスタ映えかな、と。笑)

ルールは、柱を作るコマ(見た目はマグネットみたい)を積んだ基点を作り、そこに道路の板を渡すことで、お互いの手元から高速道路を縦横無尽に延ばしていきます。うまく相手の道路を交差するよう攻めるのがコツ。積み重ねる柱コマの個数によって、渡す道路に傾斜が付き、すごい高速道路が生まれます(笑)こうして空間をうまく設計しながら、自分の自動車コマを置き切ったら終わり!

結構さくっと遊べるけど、これも何回やっても同じようにはならないところが面白さの秘訣。四人用もあるらしいので気になってます・・・!

【プレイ人数】2人専用
【プレイ時間】30分
【対象年齢】8才~

 

一人で黙々とやるなら「ペグソリティア」(1人用)

脳トレゲームとも言われているそうですが、昔からあるゲームです。一人黙々、延々と遊んでいられます。上はかなりお高い商品ですが(でも、大変美しい!)、家電量販店のおもちゃコーナーでも売っていますし、安価なものもあります。

盤上に駒(ペグ)を配置した状態でスタート。駒が縦横に並んでいて、かつその隣に駒がないとき、駒は他の駒を飛び越えることが出来、飛び越えられた駒は盤から取り除いていきます。
駒が1つになったらミッションクリア!残すところ二つ、くらいまでは簡単なのですが、クリアは意外と難しくてハマります(笑)

一人っ子なので、こういうのをずーーーーーーっとやってる子供だったなぁ・・・

 

以上、オススメのボードゲームでした♬

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました