フランス映画「パリ、嘘つきな恋」

人生を謳歌する為のレッスンノート

5月24日(金)公開のフランス映画「パリ、嘘つきの恋」(原題:Tout le monde Debout)を一足先に観てきました。ラブコメ映画ですが、何があっても自分の人生を楽しむことがテーマでもあります。思わず、新しい趣味を始めたくなっちゃうかも?

あらすじ

ゲーム感覚で恋を楽しむ中年モテ男が、とんでもない嘘をきっかけに
本気の恋に目覚めていくラブコメディ。

ジョスランは、大手企業支社社長。50歳目前。
お金も髪もあり、女性にはモテるが、
恋愛に彼が求めるのは一時的な楽しさだけ。
ギャンブルのようなものなのだ。

ある日、亡くなった母の家で車椅子に座っている時に
隣に引っ越してきたジュリーが挨拶に来る。
セクシーで美しいジュリーの気を引く為に
ジョスランはとっさに足が不自由であると嘘を付いてしまう。

ジョスランの嘘を信じたジュリーは、彼を実家に招待し、
事故で車椅子生活を余儀なくされた姉のフロランスを紹介する。
彼女は、ハンディがありながらも世界中を飛び回るバイオリニストであり、
車椅子テニスもかなりの腕前の快活で魅力的な女性。

当初のプランが狂ったことに戸惑いつつも、
徐々にフロランスに惹かれていくジョスラン。
二人の距離は急速に縮まっていくが、
愛し始めているが故に真実を話せないまま・・・
そんな中、ついに妹のジュリーに嘘がバレてしまう・・・!
フロランスの反応は?二人の恋の行方は・・・・?

感想

ジョスランを演じるフランク・デュボスクはコメディアンということもあり、
スマートでありながらも、とぼけた表情がとってもキュート。
フレンチユーモアも痛快。
そして、歩けないふりを続ける彼はとてつもなく滑稽なのです。
どう考えてもバレるでしょ(笑)というシーンがいくつもあり、
見ている側もひやひや、ドキドキなのですが、
フロランスはジョスランの嘘にとっくに気が付いています。

それでも彼を問い詰めない理由を妹のジュリーにこう話します。
「彼は私を女性として見てくれるの。
愛されるのって素敵。素敵な時間は逃さない。」
彼の口から真実が知らされるまでの恋であることを悟っている、
切なくも、全身で恋を楽しむフロランスが眩しい。
障害を持っていることを憐れむ気持ちなんて微塵も生まれない。

フロランスのセリフに名言が多いこの映画、
映像もとってもロマンチックなんです。
特にプールでの水中デートがとっても素敵で
あんなデートを人生で一回くらい経験してみたい!と思える
スケールの大きさも見どころです。

ラブコメらしくハッピーエンドで終わるのですが、
「こう来たかー!!」という演出になっているので、お楽しみに♪

Facts

公式:http://paris-uso.jp/
原題:Tout le monde Debout!
製作国:フランス
製作年:2018
監督:フランク・デュボスク
出演:フランク・デュボスク、アレクサンドラ・ラミー、エルザ・ジルベルスタイン、ジェラール・ダルモン、クロード・ブラッスール、フランソワ=グザヴィエ・ドゥメゾン

コメント

タイトルとURLをコピーしました