【ドイツ語基本|お天気フレーズ】一度覚えたらずっと使いまわせるスモールトークの鉄板

ドイツ語

ドイツ人だけに限らず、ヨーロッパの人は本当によくお天気の話をします。まず、学校でも職場でもまず天気の話をすることが多いので、是非、お天気フレーズは早いうちから自分が話せる”引き出し”のひとつとして習得してくださいね。

Youtubeビデオもアップしました!一番下にリンク貼っておきます^^

お天気ネタが初心者にも向いている理由

まず、相手を選ばないところが挙げられると思います。しかも、相手の価値観に関係なく話せる上に、誰しもが多少なりとも気になることなので、関心が高い。それから、これは地味にとっても大事なのですが、予習できるところも注目すべき点です。

雑談のネタとしては、ニュースなどの時事ネタも良いのですが、賞味期限が短いのがネックです。その点、お天気は一度覚えてしまえば、アレンジ次第でずっと使いまわせるのでお得感があります。

また、世の中で起きている事件やニュースは、複雑で、意見も分かれることが多いことから、会話そのものも複雑になる可能性が高いのです。そういう会話を求めている時は良いですが、他愛のない雑談には、お天気が方が向いていると思います。

更に・・・個人的な見解ではありますが・・・良いことも悪いことも、全部お天気のせいにできます(笑)

良いことも悪いことも全部お天気のせいだ!(笑)

例えば、あなたの同僚が仕事中に「あぁ~ 今日はもう帰りたいなぁ~」とボヤいとします。そんな時、お天気を味方につけて、こんな回答ができます。

そりゃそうだ!こんな良いお天気の日にオフィスで仕事なんてやってられないよね。
Kein Wunder! Wer will schon bei so einem schönen Wetter im Büro arbeiten?

こんな雨の日は、モチベーション上がらないよね
Bei so einem Regenwetter hat man einfach keine Lust zu arbeiten.

お天気のすごいところは、誰も傷付けずに、なんとなく連帯感が生まれるところ。そういった理由から、お天気フレーズはレパートリーをたくさん持っておくと、雑談力は上がると考えています。

夏っぽいお天気フレーズをいくつか

Es ist schönes Wetter heute.
=いいお天気ですね!

Das Wetter ist genau richtig, nicht zu warm, nicht zu kalt!
=暑すぎず、寒すぎず、ちょうどいいお天気ですね!

Mir ist warm…
=暑い・・・

Es ist so schwül…
=湿度がすごいね・・・

Der Wind tut mir gut.
=風が気持ちいい

Im Schatten ist es aber noch etwas angenehmer.
=日陰はまだ過ごしやすいね

Ist dir nicht warm in der Jacke?
=ジャケット着てて暑くない?

Ich schmelze gleich vor Hitze.
=暑くて溶けそう

Das Wetter macht mich verrückt!
=この天気でどうにかなりそう!

Wie heiß soll es heute noch werden?
=今日はどれくらい気温が上がるんだっけ?

Es soll heute über 35 Grad werden.
=今日は35度以上になるんだって

Es soll + 不定詞で
簡単な伝聞形式になる

Es soll heute regnen.
=今日は雨が降るみたいだよ

Es soll am Nachmittag regnen.
=今日は午後から雨みたい

Hast du deinen Regenschirm dabei?
=傘持ってきた?

Oh nein, ich habe meinen Regenschirm vergessen!
=傘持ってくるの忘れちゃった!

Zum Glück habe ich meinen Regenschirm dabei.
=幸運なことに持って来てた。

天気にまつわる慣用句を使って

„Wenn Engel reisen, dann lacht der Himmel.“(直訳:天使が旅すると空が笑う 意味:行いが良い人は天気に恵まれる)という言葉あるのですが、私はそれを好んで使います。

例えば、遠方からいらしたゲストをお迎えした時のお天気がよければ

Man sagt ja, wenn Engel reisen, dann lacht der Himmel. Sie haben wohl das schöne Wetter (aus Deutschland) mitgebracht :)

=「天使が旅すると空が笑う」とはよく言いますが、あなたが晴れの天気を(ドイツから)持って来てくれたんですね!

お天気が崩れても

Der Himmel ist wohl traurig, dass Sie bald wieder gehen.
=もうすぐあなたが帰国するから、空も悲しいみたいですね。

どんなお天気でも相手を立てることができます。深い意味はありませんが、会議室からレストランに移動する時など、場面が変わって、ふと空に皆の注目が集まった時に使えます。

終わりに

お天気フレーズは単調だと思われがちですが、意外と個性を出しやすいジャンルです。誰もが事象を知っているので、多少独特な表現でも言いたいことを理解してもらえるので、是非、ご自分のユーモアを織り交ぜたオリジナルフレーズを考えてみてくださいね^^

【ドイツ語基本|お天気フレーズ】一度覚えたらずっと使いまわせるスモールトークの鉄板
タイトルとURLをコピーしました