ドイツ語

ドイツ語

【メモ】通訳案内士、第二次口述試験に向けて

気になるキーワード(順不同) 日本の気候(梅雨、台風)・地形・面積 日本の人口(公開済み) 侍(大名) 天皇 朝廷 幕府 江戸時代(町人文化) 鎖国 茶の湯 生花 盆栽 書道 日本庭園...
ドイツ語

【ドイツ語】通訳案内士、第二次口述試験に向けて(2)

通訳案内士、第二次口述試験に向けて(1)では、何を言ったら分からなくなった時に「黙るよりはマシ」ということで使えるかもしれないフレーズを紹介しました。今日からは自分に必要だなぁーと感じた順に簡単なフレーズを記していきます。思い付きですが・・...
ドイツ語

【ドイツ語】通訳案内士、第二次口述試験に向けて(1)

奇跡的に一次試験に合格しました!残すは今週末(2015年12月13日)の二次試験のみとなりました。しかしながら、ドイツ語教材はネットではほとんど出回っていないのが現状です。ならば作れば良いかと思い立ち、まだ受かる保証もない身ではありますが、...
ドイツ語

【ドイツ語】外国から来た言葉の性別の決め方が漢字の訓読みと似てる

先日書いた「【ドイツ語】性転換(?)する名詞たちとその理由」では、なぜ一部の名詞が性転換を遂げるのかについて書きました。今回は、例えば日本語の言葉をドイツ語の会話の中で使う時は性別をどうやって決めるのかについて書いてみます。 富士山は...
ドイツ語

【ドイツ語】性転換(?)する名詞たちとその理由

ご存知の通り、ドイツ語の名詞には三つの性があります。男性名詞、女性名詞、中性名詞。「1つの名詞につき1つの性別」が基本なのですが、中には性別が途中で変わったもの、厳密に言えばふたつの性別を持つものもあります。 例えば、「ブログ」を意味する...
ドイツ語

【ドイツ語】Rの発音はGrrrr…と練習すると上手くいく。使う筋肉はHと一緒。

ドイツ語を本格的に学び始めたのは13歳からですので、筆記に関しては向上の余地があるとは常々感じているのですが、発音やニュアンスに関して言うと幼い頃に培った勘のようなものがとても役に立っています。 というのも、幼い頃には意味をなさな...
ドイツ語

【ドイツ語】Pommes mit ohne Alles!【ヘンテコな文章】

ポメスとは ドイツの街角で買えるフライドポテトのことを正しくはPommes frites(ポムフリ)と言いますが、多くの人はPommes(ポメス)と呼んでいます。そう、フランス語のPommes fritesを略して、且つドイツ語読みしちゃ...
ドイツ語

【ドイツ語】類似語の微妙な違いを一瞬で掴む方法

"gemütlich" "bequem" "angenehm" どれも「心地よい」、「楽」、「気持ち良い」といった意味の言葉なのですが、どういう違いがあるのでしょうか?という質問を受けました。 どのような言葉をセットで使うのかが分か...
ドイツ語

【ドイツ語】動物の鳴き声:日本語は擬音語、ドイツ語は動詞ありき

動物の名前 擬音語のことをドイツ語でOnomatopöieと言います。日本語には沢山ありますが、ヨーロッパの言語はそれほど豊富ではなく、ドイツ語も少ないです。しかも、日本語の面白いところは、多くの日本人が多くの音を同じ語感で認識し、覚...
ドイツ語

【ドイツ語】「benutzen」と「nutzen」、「bezahlen」「zahlen」の違い

意味は限りなく一緒です。でも、なんとなぁ〜くだけど、使い分けています。個人的にどんな風に捉えているのかを例文を交えてさくっとまとめてみます。 「benutzen」と「nutzen」 Benutzt du das? (これ...
タイトルとURLをコピーしました