カルチャー

カルチャー

本レビュー:「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」

週末に読み終えて早くレビューを書きたかった「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー(ブレイディみかこ著)」!私自身もアジア人としてドイツで生まれ育ち、息子さんと境遇が似ている部分もあるので、共感する部分もたくさんあったし、逆にそんなことが?!と驚く部分もありました。また常識に囚われない親子の会話や、息子さんの聡明さと、柔軟な考え方にハッとするばかり。
おでかけ

徒然北陸旅行記〜昆布ロード編〜

いざ、富山へ・・・! 前回の記事でも触れたように、友人の守谷あゆ子ちゃん(ayuko322)の富山滞在に便乗する形で始まったこの旅行、知的好奇心が最高に満たされる旅となった。今回は「新庄エリア」と「岩瀬エリア」を観光した。 ...
カルチャー

日本移住7年目〜0ヶ月時代を振り返って〜

2014年3月4日、少し緊張気味に日本に降り立った。”たったの”6年前の話というべきか、”もう”6年前というのが正しいのか、よく分からない。確実なことがあるとすれば、毎日一生懸命だったということ。 日本語が通じて、滞在許可証も要らない...
映画

映画レビュー:「架空OL日記」

銀行ってザ・ジャパニーズカルチャーが満載の職場のひとつだと思うのですが、案外どこの国も職場の状況は似たり寄ったりなのかもしれません。やはり、上司と部下の間には明確な境界線があるものです。目的は違えど、コミュニケーションの取り方は意外と似ている部分があると言えそうです。
カルチャー

Happy Valentine’s Day!

いつもお世話になっているクロノス&クロノスWIZリスナーの皆さまへ♡#えりぃ から、ささやかですが、感謝の気持ちを込めて…!クロノスクッキーを焼いてみました(*´꒳`*)#chronos #クロノスWIZ #KUMANOSと...
ラジオ・活動報告

エジル選手、代表引退へ —背景と社会への影響について—

サッカーのドイツ代表、メスト・エジル選手が、7月22日に代表引退を表明をしました。1週間以上が経ちますが、依然として連日の多くのニュース記事が公開されています。 ドイツ社会にいけるエジル選手とは エジル選手は、もっとも有名なトルコ移...
カルチャー

ギュンドアン&エジル、エルドアン大統領を表敬訪問。ドイツサッカー連盟会長が批判

今日、クロノスWIZでピックアップしたスポーツニュースです。 プレミアムリーグで活躍中で、トルコをルーツに持つ、ドイツ代表選手である、イルカイ・ギュンドアンとメスト・エジルが、イギリスを訪問中のエルドアン大統領を表敬訪問し、その様子を...
ドイツ語

距離感を時間に例える東京人、そのままのドイツ人

(C)PhoTones_TAKUMA東京に住み始めてから「な&#x309...
カルチャー

ドイツ人はいつ傘を差すのか?

今日は久々に東京は雨が降ったので、かなり久々に傘を差しました。そこで、ふと、ドイツ人は傘を差さないと言われているけど、差すとしたらどのタイミングなのだろう?と考えてみました。 確かにベルリンの信号は変わるのが早いが、赤信号でも...
カルチャー

【続編】ドイツで奨学金を一括返済したら7600ユーロ(約92万円)で済んだ話

昨年、ドイツの国立大学卒業後に負う借金は最高10000ユーロ(約133万円)で皆さんにご紹介した通り、私は日本国籍でありながらドイツの税金で賄っている奨学金制度を使って、母からの仕送り無しで悠々自適な学生生活を送りました。 昨年、返済...
タイトルとURLをコピーしました