【東京の不思議】なぜメトロの回数券を使わないの?

シェアする

余計なお世話だろうし、ものすごくどうでも良いことだけど、素朴な疑問のひとつ。交通費が高いこの街で、東京メトロをよく利用する人で定期を持っていない人ならば、回数券をうまく利用した方が絶対にお得なはずなのに、私の周りで回数券を使っている人がほとんどいない。というわけで、回数券が果たしてそもそもどれくらいお得なのかを一覧表にまとめてみた。最終的に支払う金額と、普通に切符を買った時の金額の差額を出してみた。特に乗り越し清算をしてもお得なのか、予定よりも安い区間内で降りてしまった時でもどれくらいお得なのかが気になっていたので、自己満です(笑)

東京メトロの回数券

200円分の回数券が思いの外オールマイティーだ。170円区間を200円切符で乗ってしまっても時差券・祝休日券を使っていればお得というのは意外だった。

注意しないといけないのは、都営地下鉄に乗り継ぐ時(回数券は割引き対象外)。

ICカード割引と比べても三倍以上お得なのに、やっぱり面倒臭いから敬遠する人が多いのかなぁ・・・?どうせ電車には乗るし、十分利益が出ているのだし、特に貢献しなくても良いと個人的には感じているから節約できるならしたいというのが本音なのだけど、こういう考え方って少数派なのかなぁ?

ちなみに、一日券も600円に値下げしたので電車に沢山乗るとわかっている日はよく使います。定期券売り場で買い置きもできるから、電車に乗る間際に焦らなくても大丈夫。ただしこちらの回数券はありません(笑)