【ご報告】6月26日(日)2時間SP「初耳学」に出ました!ドイツ語と顔のむくみ解消「舌スイングエクササイズ」

シェアする

6月26日(日)21時00分〜(TBS)「林先生が驚く初耳学」に出ました!

ゲスト:菊川怜、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)、澤部佑(ハライチ)、DAIGO、出川哲朗、中島健人(Sexy Zone)、本田望結、和田アキ子、宇治原史規(ロザン)

「顔のむくみ」に関するトピックで、日本語を話す時は表情筋の20%、ドイツ語だと80%も使うらしいが、本当なのか?という検証を「桃太郎」を読みながらさせて頂きました。なぜ桃太郎なのかは分かりません(笑)

テレビの力は凄い!と実感

シェアメイトたちと一緒にご飯を食べながら、ワイワイといつ出るのかなぁ〜とドキドキしながら見ておりました^^全国放送の番組に登場することなんて滅多にないイベントなので浮かれていて、写真を撮ることをすっかり忘れてしまいました(笑)ところが!シェアメイトと友人数人以外には誰にも伝えていなかったのですが、本当にたくさんの方々から「見たよ!」「江利菜ちゃんだよね?」とメッセージを頂きました。補習教室時代の恩師からもメールを頂き、嬉しい気持ちでいっぱいです。名前も出ていないのに気が付いてくれて、連絡までくれて、これだけでもとっても嬉しくて。次は名前付きで出れるように頑張るぞ!と元気をもらいました。

twitterfacebookで紹介した写真は、お箏奏者の吉崎明日佳ちゃんが一番に送ってくれたものです。どうもありがとう!

本当に表情筋の80%も使ってるの?!

サーモグラフィーで撮ると違いは一目瞭然!これ結構面白い絵だと思うのですが(笑)全然やらせじゃないんですよ。両言語とも読んだ回数もページ数も大体同じです。今日の放送を見て、正直なところ、おでこは実感がないのですが(眉毛かしら?)、首は実感がすごくあるんですよね。喉を鳴らすというか響かせる音もあるので・・・!Rの発音なんでまさしくそうです!過去にこんな記事を書いてました。

【ドイツ語】Rの発音はGrrrr…と練習すると上手くいく。使う筋肉はHと一緒。

ドイツ語できなくても大丈夫!舌スイングエキササイズのやり方

既にいろんなところで紹介されていますが、顔のむくみ解消に良いそうです。最近ドイツ語を話す機会も減っているのでやってみます(笑)

⑴両手を胸の前でクロスさせて

⑵舌を限界まで突き出して

⑶目線を一緒に左右交互にスイングする

⑷一回につき8回、1日に3セットする

宝田先生、すごく若くてびっくりしました。本も監修として出してらっしゃるんですね。

Ach soは本当によく使うけど、Nanuはほとんど使わない

個人差はあるんですけど、Sexy Zoneの中島健人さんが出したネタの2つのうち、「Nanu?」という表現を私は使ったことがない。間違っているということではなくて、ちょっと古い言い方なんですよね。だから、今でも使っている地方は限られてくるんじゃないかな?というのが私の予想です。

お仕事ください!

今後もこういうドイツ語ネタ(ナレーション・通訳・なんでもありです)はどんどん受けてゆきたいと思っておりますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。