【ドイツ語】外国から来た言葉の性別の決め方が漢字の訓読みと似てる

シェアする

先日書いた「【ドイツ語】性転換(?)する名詞たちとその理由では、なぜ一部の名詞が性転換を遂げるのかについて書きました。今回は、例えば日本語の言葉をドイツ語の会話の中で使う時は性別をどうやって決めるのかについて書いてみます。

富士山は山だから男性。味噌汁はスープだから女性。寿司はユニーク?

例えば、富士山を例に取ってみましょう。

私の個人的な感覚だと「der Fuji (Berg)」というのが最もポピュラーだと思います。次に「der Fuji-san」がよく見る表記だと思います。もしくは「der Fujiyama」は通向けな気がします(笑)

いずれにせよ、男性名詞であることには変わりません。何故ならば、山を意味する「Berg」が男性名詞だからです。ドイツ語の常用単語に含まれない外国の言葉においては、できるだけ直訳して、根本的にそれが何かで性別を決めます。

ここの仕組みを具体的に説明すると・・・

富士山(ふじやま・ふじさん) という山があるらしい

どうやら、山の名前は「ふじ」で、後ろの「やま・さん」は山を意味する言葉らしい

つまり固有名詞は「ふじ」だけ。「ふじやま・ふじさん」ドイツ語に直すとFuji Bergになる

Berg(山の意味)は男性名詞だから、当然富士山も男性名詞!

味噌汁も同じです。「味噌+汁」という構造なら、味噌+Suppeと言えば伝わるので、Suppeの性別に合わせて、die Miso-Suppeという言い方が一般的です。

逆に寿司は分解できない単語なので、そのままSushiという言葉が定着し、外来語なので中性です。しかも、該当するものがドイツの文化にはないので性転換をすることもなく、今も昔もdas Sushiです。

こうやって元々の意味を辿って性別を決めるプロセスが、日本にその昔に漢字が渡って来て、訓読みを与えた時と似てるんじゃないかと思ったのです。

「山」という漢字があり、「やま」という意味で、中国語では「shān(サンに聞こえる)」と読む。しかし、それでは聞いただけでは意味をなさないから「やま」という読ませ方も与えたわけですから、根本的には同じ思考プロセスなのではないかなぁと思うのです。

コメント

  1. ミキ より:

    こんにちは。ドイツ在住のミキと言います。
    デュッセル近郊に住んでもう20年、最近ついに帰国するかも…という事態になり、日本で生きていけるのか不安で色々調べていたらエリナさんのサイトに遭遇。とってもためになりつつあります(日本語変すね…)
    これからもフォローさせて下さい!

    • ellina0817 より:

      こんにちは!コメントありがとうございます。20年という年月を外国で過ごすと帰国するにも勇気がいりますよね… お試しでいらっしゃるのもいいかも知れませんよ(^^)私は思い切ってみて良かったと思っています。

      • ミキ より:

        エリナさんは勇気を出して飛び込んだんですね!スゴイ。アドバイスありがとうございます!
        お試し帰国…したいです。決行するなら多分今なのですが子供がいるのできっと一発勝負になってしまいます。子供の心の健康と成長の為にはどうすべきなのか…もう少し時間をかけて考えます!

        • ellina0817 より:

          結婚しているわけでも、子供がいるわけでもないので身軽であったことは大きいと思います。自分が適応すれば良いだけで、合わなければ帰って来れば良いと気軽に考えていましたから。子供達のことは振り回したくないお気持ちお察しします。応援してますー!!