【ドイツ語】「元気?」と聞かれたらganz gutと答えないほうが良い理由。

シェアする

「ganz gut」を訳すと「とても良い」だと思っている方が多いと思うのですが、ちょっと注意が必要です。細かいことを言えば「ganz」は「とても」という意味ではない。「完全な、至極、総じて…」などが主な意味です。

話は戻りますが、

「Wie geht es dir?」と聞かれたとして、(お陰様でとっても元気です!)と言いたいのならば「Ganz gut.」と答えると誤解を招いてしまうかもしれません。

何故かというと・・・「Ganz gut」って「まぁまぁ良い」ってニュアンスになるからです。もちろん言い方にもよるのですが、普通のトーンで「Ja, ganz gut.」と答えると仲の良い人なら「Geht es dir nicht so gut?」「Ist dir was passiert?」「Alles okay?」「Wieso?」といった「なんかあったの?大丈夫?」と聞かれてしまう可能性が高い。それがまた不思議で戸惑い、なんだか変な空気がー・・・なんてことも起こりうる、かも。

元気元気!と言いたい時は、

Danke, mir geht’s bestens!
Super!
Blendend!
Sehr gut!
Besser geht es nicht.
Ich kann mich nicht beschweren.

例えばこんな感じの言い方があると思います。

では、逆にまぁまぁかなぁ・・・と言いたい時は

Es geht so.
Ja, ganz gut.
Na ja.
So so.

こんな言い方が一般的でしょうか。ただし、このように答えると大抵の場合は理由を聞かれるので考えておくと楽。「Ich bin krank/kränklich/müde.」「Ich konnte heute Nacht nicht so gut schlafen.」「Ich habe Kopfschmerzen.」など体の不調を簡単に説明したりするのが手っ取り早いかなぁ。

あと、「Ganz gut」と答えてはいけないのは、提案に対してです。適当に流しているような印象を与えてしまいかねないので、賛成なり反対なりはっきりとした意思表明したほうが好印象です。

以上、Ganz gut.という時は気を付けたほうが良い理由でした!