【ドイツ語】schwäbischer Kaffeeはミルク・砂糖入りのコーヒーのこと(ジョークです)

くだらないジョークなのですが、いつだったか、仕事でシュバーブ地方出身の方にお会いして、お飲み物でもいかがですか?と勧めたところ・・・

 

Darf ich Ihnen etwas zum Trinken anbieten? 
何かお飲み物でもお持ちしましょうか?

Oh das ist aber nett. Dann hätte ich gerne einen Kaffe. 
それは有り難い。では、コーヒーを頂きましょう。

Was für einen? Latte, Cappuccino, schwarz…mit oder ohne Milch und Zucker? 
ラテ、カプチーノ、ブラックなどなどありますけど、どうされます?あとミルクとお砂糖は?

Schwäbisch! 🙂 
シュバーブ風で!(にんまり)

……? 
(…ん?!)

わかりますか?いや、ウィーン風なんて飲み方もあるくらいなので、私が知らないだけであるのかもしれない、と思うじゃないですか。分からなかったので尋ねたところ

Sie wissen ja, dass Schwaben dafür bekannt sind, dass sie sehr geizig sind, oder?
シュバーブ人はケチで有名なのは知ってますよね?

Ja, anscheinend… 
えぇ、まぁ、そうみたいですね…

Das heißt also: Wenn es nichts kostet, dann mit allem! 🙂 
つまり、追加料金がかからないのなら全部つけて、ということ!(にんまり)

Also mit Milch und Zucker? 
では、ミルクとお砂糖をお付けしますね?

Genau!:) 
そういうこと!

調べてみたけど、特にメジャーなジョークではないみたいようなので、その方が考えたユーモアだと思われます。ミーティングが始まる直前の緊張をほぐす為だったのか(とっても素敵なCEOの方でした!)、よくわかりませんが、なんにせよ、とても印象的で記憶に残っているエピソードなのでした。

因みに、ドイツ語の前置詞というのは決まった格とペアを組むわけですが、mitは3格、ohneは4格です。上の会話にある「mit allem!」は全部一緒にという意味で、逆に何も付けないでという時は「ohne alles」になります。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. Youtubeなどでドイツ語講座みたいなのをしてほしいです。
    Youtube見ててもあまりドイツ語を教えてくれるような動画がないので

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です